Jun040.com

“ドラゴンクエスト スーパーHGフィギュア りゅうおう” 撮影レビュー

      2014/06/30

りゅうおう「世界の半分をお前にやろう」→ぼく「はい」

たまには美少女フィギュアだけじゃないものを購入して見ました。知らない人はいないであろうドラゴンクエストのフィギュアです。りゅうおうはドラゴンクエストⅠのボス。りゅうおうは最初魔法使いのような姿をしていますが、こっちのドラゴンの姿が本当の姿です。仮の姿と区別するためにりゅうおう(DRAGON)と表記されることもあります。

実は自分はゲームを買ったりするだけではなく、ドラクエの25周年イベントに参加したりするぐらいドラクエが好きです。ドラクエのグッツとなるとどうしてもスライムばかり発売されてましたが、このフィギュアは少し前に発売されたモンスターズ ギャラリーHDでは歴代のボスがフィギュア化されました。欲しいなーとは思ってたのですが、大きくなったスーパーHGフィギュアがでると聞いてこっちを買ってみようと思いました。しかし大きいと言っても20cm弱なので1/7の美少女フィギュアより小さいです。しかししかしお値段は定価13000円という強気の価格設定。悔しいでも買っちゃうってことで買いました^p^

とりあえず白背景で1枚。超カッコイイ。ドラクエのモンスターってなんでこんなに惹かれるんですかね。

1-20140620-IMG_0850

 

しかし白背景だとりゅうおうの怖さが伝わってこない…

2枚目はカメラ本体に付けたストロボを軽く手で握ってみました。影ができて少し怖さが出てきました。しかしやっぱり自分の中のりゅうおうのイメージが白背景に合ってない。

2-20140620-IMG_0855

 

3枚目は黒背景にしてみました。白背景よりは良さそう。
3-20140620-IMG_0869

 

後ろ側。翼は付け根が可動式です。腰あたりの分割線が目立ってますが、後ろ側なので仕方ないのかな。

4-20140620-IMG_0870

 

「りゅうおうがしょうたいをあらわした!!」というプレートが付属します。

5-20140620-IMG_0882

 

顔にググっと寄ってみます。

7-20140620-IMG_0884

 

ちなみに顔の顎は可動式です。これは全開状態。

9-20140620-IMG_0876

 

閉じた状態。

10-20140620-IMG_0877

 

台座もしっかり作られてます。

11-20140620-IMG_0874

 

13-20140620-IMG_0886

 

ゲーム中でりゅうおうがいる場所にあった玉座です。なんか平衡感覚が…仕様なのかな…

14-20140620-IMG_0889

 

最近のドラクエは3Dになってるものもありますが、やっぱり正面から見た立ち絵の印象が強いドラクエのモンスターですが、立体化することで様々な角度からモンスターを見ることができます。

16-20140620-IMG_0893

22-20140620-IMG_0910

 

23-20140620-IMG_0913

 

17-20140620-IMG_0898

以上で写真は終わりです。Flickrにアップしました

今回のフィギュアはいつも購入しているグッスマやアルターではなくスクエニからのフィギュアだったのでクオリティに若干不安はありましたが、実際に開封して見てみると特に大きな不満も無く安心しました。しかし値段に見合うかと言われればそれは… 今後もボスシリーズが続くみたいですがコンプリートするためには十分な資金力が必要になるので今後も購入していくかはお財布と相談したいと思います。

一つ心残りなのは個人的なイメージにあまり合致していないことです。個人的なイメージですともう少し赤い光を差し込みたいのですが、どうやって良いのかわからないので黒背景でごまかしました。PhotoshopとLightroomが同時に使えるプランを契約しているのでPhotoshopを使ってみようかなと画策中です。

次はドラクエ2のシドーです。

 


 - フィギュアレビュー