Jun040.com

くまモンのガレージキットを作ってみた

      2014/08/19

2014年冬のワンフェスで購入したくまモンのガレキを完成させました。ワンフェスには何度か行っていたのですがいつも企業ブースをメインに回って撮影していただけであまりディーラーブースに足を運ぶことが少なく、ワンフェスの醍醐味をあまり味わっていませんでした。トレフェスでなんとなくディーラーブースの雰囲気を予習して、今年の冬のワンフェスではディーラーブースでも撮影してみました。回っているうちにくまモンガレキを見つけて即購入。ガレキは買う予定無かったのですが、とても安かったので即決。初めてガレージキットというものを冬のワンフェスで手にしました。

製作者は43_Nao Galleryの@43_naoさん。本体、口、頬×2の総パーツ数4つ、さらに色も黒白赤の3種類という初心者には優しいキット。子供の頃にプラモデルに興味なくミニ四駆を数台作った程度のレベルなので、買った時はとりあえずニッパーと筆と塗料があれば良いんだろ?ぐらいの気持ちでした。しかしそんな甘い考えは家に帰ってガレキの作り方をGoogle先生に相談したら一瞬にして砕かれました。ヤスリの番号からパーティングライン、サーフェイサーなどいろいろ知らないことがあってやり始めるまで結構時間を要しました。

とりあえずヤスリを買ってきてゲート処理してパーティングラインを処理して仮組みをしてみたのがこちら↓

1_2014-05-12 23.17.15-1140512この時点でかわいい。そしてなんとこのくまモン自立するのです! すごい!

ゲート・パーティングライン処理は順調に終わったので、「へへ簡単じゃねえか^p^」とかこの時思いました。

 

次にサーフェイサーを吹きました。

2_2014-05-15 00.49.19140515

サーフェイサーとかなんの意味あるんだよと吹く前は思ってましたが、吹いてみたら表面がつるつるになってなるほどってなりました。また賢くなってしまった・・・。

 

いざ! 塗装へ!

何も考えずに、買ってきた塗料を万年塗料皿へ。そしてそのまま塗装。まずは大雑把に塗装したものがこれ↓

3_2014-05-16 17.58.05-1140516「結構簡単じゃね?」

この時はそう思いました。

あとは目を書いて耳を塗れば終わる! はずだった…。

 

目の塗装 1回目・・・ 失敗!! (残念クオリティにつき画像を縮小)

4_2014-05-17 11.59.48140517

 

目って難しい… 細い筆使いこなせない…

このあと泥沼化し合計で4回程シンナーの池へドボンしてもらいました。

 

そしてなんとか自分の中で妥協して完成させたものがこちら↓

1_IMG_0989140715

3_IMG_0996140715

 

夏のワンフェス前に何とか完成にこぎつけたかったので、これで完成にします( ^ω^)

 

比較的というが絶対初心者に優しいキットだったのにこんなに時間がかかって、さらに時間がかかった割にこの程度のクオリティで申し訳ないです…。 しかしなんかやっぱり自分で作ったこともありとても愛着があります。自分の自宅マシンのディスプレイの横に飾っています。初めてのガレージキットでいろいろ揃えたり調べたり大変でしたが、フィギュアの作り方がなんとなく知れたのでとても良かったです。実際に塗装してみて、グッスマなどの大手フィギュアメーカーのクオリティの高さを痛感しました。どうやったらあのクオリティで大量生産できるのか本当に不思議です。そして中国のおばちゃんのレベル高いなあと思いました。そういえばグッスマのねんどろいどの工場が鳥取にできるみたいなので、自分よりはるかに高い塗装レベルのおばちゃんが鳥取にいることになりますね…。

夏のワンフェスで43_Nao Galleryの@43_naoさんの新作がでるみたいなので買ってまた作ってみたいと思います。

 - フィギュア製作日記, 雑記