Jun040.com

とびしま海道(下蒲刈地区・豊地区)

   

いい景色だった。

広島旅行の2日目はとびしま海道の観光。
頂戴様のブログを見てたら気になったので、行ってみることにしました。

たぶん御手洗とかの島々の方に行く人の多くは車で行くと思いますが、自分は車の運転ができないのでバスで行きました。
呉から「とびしまライナー」というバスが御手洗の方まで出ています。ネットで調べてもイマイチ情報があやふやでバス停の位置がよくわからない・・・。断片的な情報によるとそごう前らしい。まあノープランでもスマートフォンがあればなんとかなるでしょ。

とりあえず10時52分発らしいので、1時間前にバス停の時刻表を確認しに行きましたが、

ない・・・。とびしまライナーの情報が時刻表に無い・・・。
かなり焦って元そごう周辺を2周ぐらいしましたが、他にバス停はない・・・。

これはマズイなあ・・・と思って近くの喫茶店?、「る・きみ」の店主らしき人に聞いてみたら、
御手洗まで行くバスなんてあったかな?と言われてしまって完全に目の前が真っ暗になりました。
しかしお店の 店主らしき人の奥さんらしき人が、あったような気がするよ、と行って時刻表を一緒に見に行くと、

なんと、ありました。
赤枠のところに。

三

小さい
三

小さすぎるううううううう
バスが来るまで時間があったので、そのままそのお店でコーヒーをいただきました。
本当に助かりました。

下蒲刈島へ到着

バスに揺られること約1時間、大きな橋を渡って島の方に付きました。
天気が良くてサイコーの景色。
三

下蒲刈中学校で下車し、白雪楼まで歩いていきます。15分ぐらいでしょうか。
穏やかな海と良い天気がマッチしてとても良い空間でした。
三
三
三
三
三

白雪楼にやってきました。入場料を払って2階に移動。
最高の景色で気持ち良いです。しばらくぼーっとしてたら人が来たので退散。
三
三
この白雪楼は、2階を見学後1階で抹茶をいただけます。入場料=抹茶代なのかな。
その時抹茶を出してくれた人が、

「ここは何で知ったのですが? 旅行サイトかなにかですか?」

と聞いてきたので、

「丁dai Blog」というブログを見て来ましたと言ってきました。

三
三

三
三
三

この日は天気が本当に良くて最高の景色でした。

この後の予定はその場で決めようと思ってたので、とりあえず三ノ瀬のバス停で作戦会議。

御手洗の方まで行くと、
広に帰ってくる時間が19時を過ぎ、2日目の憧憬の路は諦めるパターンか、
憧憬の路に行こうとすると約30分で御手洗観光をするパターン
の2通りは事前に調査済み。

どっちにしようかなーと思ってたら御手洗と竹原を結ぶ高速船があることに気がつく。これはナイスファインプレー!
御手洗も行けるし、憧憬の路も行けるし、これしかない!!

問題はそのバスまで1時間以上待つことだけ!
近くにお店らしいものは島の特産品を売るお店ぐらいしかないので、
バス停のベンチで配信が開始されたHuluのウォーキング・デッドのシーズン7の1話を見ることにしました。ニーガンに殴られた人は予想通りでした。

御手洗へ到着

朝からほとんど何も食べていなかったのでアナゴ飯を食べに「なごみ亭」へ

閉店!! 近くの脇坂屋も準備中\(^o^)/
食べ物を求めて辺りをウロウロしましたが、この島みかんしか売ってねえ!
三

諦めて探索することに。
人の気配が無くていい街です。

三
三
三
三
三
三

歴史が見える丘公園を目指す

高速船の出発時間までかなり余裕があったので、歴史が見える丘公園を目指して山を登ることにしました。
元小学校の横を通って裏山に登る階段がスタート地点です。
最初の最初の階段を見つけるのにだいぶ苦労して付近を何往復もしてしまいました。

三

無限に続きそうな階段が無くなりプチ展望台のような場所につきました。おいらん公園というらしいです。
三
三
三
既に良い景色なのでもうここで良いのでは・・・・。

この時点で完全に息が上がっていて死にそうだったのに、上を見ると絶望しか感じない階段が。
もうここで折り返したいけど、ここまで登ってしまったし、引き返すのも勿体無いから・・・と自分に言い聞かせて一歩づつ登っていきます。
三
三

 
登りきったーーーーーーーー!!!!!!
 

最高の景色です(汗が止まりません)

三

カメラを縦にして、ドーーーーーン!!(汗が止まりません)

三

反対側の瀬戸内海も最高です(汗が止まりません)

三

こっちでも縦にしてドーーーーーン!!!(汗が止まりません)

三

こんなところ絶対幼少時のぽってたちが登ったなんて嘘でしょ・・・
などと考えながらぼーっと休憩していたら、写真左下の方に車が・・・。ここ本来は車で来るところなのでは・・・。
三

こんなところ登ってきたのか。どうりで汗が止まらないわけだ。
三

大長港をめざす

さっきまでの険しい階段とは打って変わって、とても穏やかな町並みです。
三

何か召喚できそうな雲行きです。
三

御手洗のお手洗いから徒歩10~15分、大長港に着きました。
三

ここから1時間ぐらいかけて竹原港に向かいます。
竹原港と言っても駅から遠い方の竹原港なのでバスで駅の方まで向かいます。
バスは道の駅竹原付近にバス停があるので、
竹原の町並み保存地区に行きたい人は、駅まで行かずそこで降りると良いと思います。

バスでもとびしま海道は意外と回れますね。
下蒲刈島も豊島も時間がゆっくり流れているような雰囲気で癒やされましたし、天気も良くて本当に最高でした。

それではー。

 - 散歩・旅